世界遺産を見たいがために行ったカンボジア

本物のパワーに圧倒された世界遺産

今まで、アジアの旅行に全く行ったことがなくて、行った友達などから、アジアの良さをさんざん聞いていたので、いつかは行ってみたいと思っていました。
そして、ちょうど時間が取れて、チケットも良い値段だったので、ついにカンボジアに行ってきました。
とにかく目的は、世界遺産のアンコール遺跡群を見ることです。

テレビや写真で見たことは何度もあったのですが、やっぱり本物を見ることは大事なことだとしみじみ感じた旅行でした。
日数も少なかったので、本当に世界遺産を見に行っただけという感じでしたが、それでも大満足の心に残る旅になりました。

遺跡見学はガイド付きがおすすめ

歴史やそれを感じることのできる遺跡は大好きなので、ぜひ時間の制限なく、ゆっくり見たいと思いました。
でも、以前に他の遺跡を訪問した際の経験として、遺跡はただ見るだけより、ガイドさんのいろいろな説明があった方が、当時の状況や暮らし、建物の目的を知ることができて、より、興味深く歴史を感じることができると思っているので、今回もまずはツアーに参加しました。
入場券は3日券を買って、自分でまた来れるようにしました。

アジアの遺跡は初めてで、他の国で見た遺跡との違いがとても面白かったです。
やっぱりその文化の考え方や文化の流れを知ると、一層面白く遺跡を見ることができますし、すごくロマンを感じることができます。
特に気に入ったところや、もうちょっと写真を撮りたいとか、ゆっくり過ごしたいと思ったところは後から自分で行くことができたので良かったです。

ただ、とにかく人の多さにはびっくりしました。
本当に有名な遺跡なんだなと今さらながら思いました。
人が多すぎて、あまり雰囲気に浸れなかったのは残念ですが、有名な遺跡はそういうものなのでしょう。
でも、巨大な建築物が水や木々などの自然と一体となっている様子は非常に美しく、本当に行って良かったと思います。

やっぱりマーケットのチェックは外せない

海外旅行に行った時の楽しみの一つが地元の人の生活を支えている市場やスーパーマーケットに行くことなのですが、やはりスーパーマーケットより、市場はパワーがあって楽しいです。
日本では見ない果物や、派手な柄の服など、スリなどの注意は必要ですが、交渉次第でかなり安くなるので、お店の人とのコミュニケーションも楽しめます。

お土産を買ったり、地元の食材について聞いたりしながら楽しみました。
観光客向けのお土産屋さんなどより、安いお値段で買えるのも魅力です。
海外の市場は本当に奥が深いので、いくら時間があっても足りないくらいです。
皆様も行く機会があったら、安全に注意しつつ、ぜひのぞいてみてください。

関連記事