ついに海を越えました。ロンドン一週間滞在旅行

どこを見ても写真を撮りたくなるような街

ついに念願のロンドン旅行に行ってきました。
ロンドンは、歴史のある建築物、そしてアートの街ということで、ずっと前から、一度ゆっくり行ってみたいと思っていました。
見るところがいくらでもある街で、見ごたえのある美術館も多く、一週間でも、まだ物足りないと思うようなそんな街です。
街のあらゆるところが写真を撮りたくなるような景色で、すっかりハマってしまいました。

ダブルデッカーバスでの主要観光地巡り

最初はイギリスと言えばというダブルデッカーバスの観光路線の乗り降り自由のプランで、バッキンガム宮殿やビッグベン、ウエストミンスター寺院、タワーブリッジなどを回ることができました。
ルートによっては日本語のオーディオガイドもあるので、興味がある方は、英語ができなくても安心して楽しむことができます。

2階に座って、街の景色を堪能できるので、はじめにロンドンの雰囲気や、主要観光地を回るにはいい方法だったと思います。
24時間有効なので、当日有効のものと違って、次の日も上手に使えばそれなりの観光ができるので、良い仕組みだなと思いました。
本当に歴史的な建物が多いので、ただ街を見ていても楽しかったのですが、特に良かったのはタワーブリッジで、色もかわいらしくて、とても気に入りました。
それからウエストミンスター寺院付近の景色も圧倒されるものでした。

博物館、美術館巡りは自由に時間を使えるように個人で

美術館などは、せっかく行ったらゆっくり見たいので、個人的にはツアーなどで行くのは好きではありません。
大英博物館やロンドン自然史博物館、ナショナルギャラリー、テートモダン美術館は自分で行きました。
歴史も美術もすごく詳しいわけではないのですが、大好きなので満喫しました。

寄付制なので、費用を気にせず、気に入ったら通ったりもできるのも大きな魅力だと思います。
こんなふうに歴史や美術品に浸れる時間はなかなか取れないので、一週間の滞在で、比較的時間を取って見れたのは本当に良かったと思います。

お土産はスーパーマーケットで

旅行に行った時の一つの楽しみが、現地のスーパーマーケットに行くことです。
日本では高いものが思いがけなく安く売っていたり、思いがけない日本のものが売っていたりと面白いです。
そして何よりも、お土産品が手頃に手に入ります。

ロンドンでは、お菓子や紅茶などをお土産に購入しました。
パッケージがすごくおしゃれでかわいいものとかあって、種類もたくさんあったので、配り土産にもいいなと思ってたくさん購入しました。
専門店などで紅茶などを購入すると高いので、数が必要な場合には、スーパーマーケットをチェックするのはおすすめです。
もらった方も、日本でも有名なブランドものより、いかにも現地のものっぽくて嬉しい人もいるのではないかなと勝手に思っています。

関連記事