両親へ贈るギフトの選び方と渡し方


1人暮らしをしていても、実家に暮らす両親に対して、何かしらの贈り物をする機会は少なく無いでしょう。毎年訪れる誕生日などのほか、銀婚式や金婚式のように結婚生活の節目にあたる記念日なども存在します。今回は、両親に贈り物をする際に、何を選べばいいのか、どういった渡し方をすべきなのかを伝授します。

基本は「両親に直接聞くこと」

両親にプレゼントをする贈り物は、直接両親に欲しい物を聞くのがベストでしょう。これは、自分の贈りたい物が両親の欲しい物であることは限らないからです。喜ばれない物をプレゼントしてしまうよりは、何が欲しいかを直接聞いたほうが確実と言えます。また、欲しい物を聞く際に、ある程度の予算を伝えておくのも良い方法でしょう。

ちなみに、両親を驚かせるためにこっそりプレゼントを用意する、いわゆる「サプライズ」という方法も存在しますが、上記の理由から、あまりおすすめできません。もしもこの方法を用いる時は、両親が欲しい物を本人に悟られないように調べる必要があります。

「定番のアイテム」を贈っても可

両親によっては、欲しい物があまりないというケースもしばしばです。何も贈らないのも味気ないという人であれば、定番のアイテムを選んでみてもいいでしょう。例えば、「母の日におけるカーネーションギフト」のように、記念日によってはデパートや百貨店でフェアを開催しています。こういったフェアには、定番とも言える贈り物が店頭に並ぶため、自分の目線で両親の趣向にあった贈り物を選んでみてください。

直接渡しても宅配便を使ってもOK

実の両親への贈り物なので、直接渡す手段を取りたいところですが、これは難しいでしょう。住まいと実家で距離が離れていれば、足を運ぶのも一苦労ですし、働いてる人であれば尚更です。そのため、宅配便サービスを使って贈り物を実家に届けてもらっても構いません。ただし、確実に受け取ってもらうため、贈り物が届くタイミングなどは電話やメールを通して伝えておくべきでしょう。もちろん、都合が付けば両親に直接渡すのもアリです。

ちなみに、上記のような方法は、親戚や知人へ何かプレゼントする際にも利用できます。両親以外に、贈り物をする機会があった時は、是非活用してみてください。

関連記事