ウェイクボード

サーフィンよりは手軽そう?

海や湖などで、ウェイクボードをしているのを見たことがある方は多いと思います。
スノーボードのような板に乗って、水上バイクやモーターボートなどにロープで曳かれて、水上を滑りながら技を決めるウォータースポーツです。
私は、海などでやっている人がいると思わず見入ってしまって、自分もいつかやってみたいと思ってしまいます。

水上スキーとは異なり、スノーボードなどと同じように横乗りで滑走し、ボートによっておこる波を使ってジャンプしたり、回転したりといった技をすることができます。
見た目通り、非常にハードなスポーツなので、なかなか体力が必要で、普通の人であれば、1回15分程度の滑走が2回程度が限界のようです。

速度はレベルによって、大きく違いがあり、初心者であれば25キロ程度ですが、上級者になると40キロ程度のスピードで滑走することができるようになるそうです。
失敗すると、波にぶつかって身体中痛くなったりするようですが、技が成功した時の爽快感と達成感は、きっと見た目以上のものなのでしょう。

ウェイクボードの始め方

ウェイクボードも、基本的には初めはスクールなどで行われている体験コースに参加するのが良いでしょう。
機材のレンタルも含め、3千円程度で体験できるところがほとんどのようです。
大体この金額での体験コースだと、10分1セットの内容のようなので、もう少ししっかり体験したいという方は、6千円くらいで2セット体験できるコースもあるので、それを選ぶと良いかもしれません。

体験者の声を見てみると、初回でも、それなりに滑れている方が多いようなので、せっかくなら、2セットくらいできると、感覚もつかめるし、面白さが分かるのではないでしょうか。
ウェイクボードのスクールは、どちらかというと海より湖の方が多いようです。
波に左右される分、海の方が難易度が上がるのかもしれません。

ウェイクボードを趣味として続けるには

ウェイクボードの曳かれる方の初期費用はそれほど高いものではなくて、ピンからキリまであるのですが、大体5万円から15万円前後で必要なものは揃えることができます。
もし、仲間などと一緒に続けるのにボートを自分たちで購入するなどとなると、それが一番お金がかかることになります。
私は、そこまでは考えていないので、スクールなどに入会して、ドライバー付きボートを貸し切って続けるのが実際的かなと思っています。

1時間1万2千円くらいのところが多いようです。
アドバイスがほしいいという方向けに、トーイング1回3千円くらいでのプランがあるスクールもあるので、そのようなプランがあるスクールが近くにあるなら、そのようなところを選ぶと良いかもしれません。

関連記事