不用品は買取依頼をして処分

地球儀

リユースとリサイクルの違い

大量消費社会を根本的に見直し、環境への取り組みが実施されるようになりました。
今では小学校でも「3R」という単語を習いますよね。これは、環境を守るために定められたリデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・リサイクル(Recycle)の3つの言葉の総称をとったものを指します。

その1つ、リデュース(Reduce)はムダな物を買わないこと、購入したら長い間使うようにし、可能なかぎりゴミとして処理しないようにすることを指します。けれども、リユース(Reuse)やリサイクル(Recycle)は共に再利用する意味をもちますが、意味が似ているため混同しがちな人も多いと思います。

リユースはそのままの状態で再利用します。たとえば、使わなくなった子ども服を知人や友人に譲り、再度使ってもらいます。兄弟のいる家庭では「おさがり」をする場合もありますよね。

これに対してリサイクルは、一度原材料まで戻してから別の形で使い直すことを指します。ペットボトルを資源ごみに出し、カーペットや容器に変換しふたたび利用する例が挙げられます。
ペットボトルや新聞紙、段ボールなど生活で使われる多くの物はリサイクルできます。

不用品買取サービスの利用について

不用品買取サービスに依頼する方法は、以下の3つに分けられます。

  • 買取を扱っている店舗へ訪れる
  • 出張サービスを利用し、向こうから自宅にきてもらう
  • 宅配サービスで買取ってほしい製品を送る

店頭で買取を依頼するとすぐに代金を受渡しされることが多いので、交渉がスムーズに運びやすいのもメリットです。

出張サービスでは近くに買取店舗がない場合に便利で、値段の交渉もしやすく査定アイテムを上手にアピールできれば、高値で買取ってくれる場合もあります。

宅配サービスも出張サービスと似ている部分はありますが、間接的に取引を行なうため手軽に査定を依頼でき納得いかない額であれば断ることも可能です。

おすすめの買取業者

とはいっても、買取サービスを展開している業者はたくさんありますし、どこに依頼をすればよいのかわからなくなりますよね。

人それぞれ依頼しやすい方法はありますが、まずは買取を依頼しようとしている不用品は一体どのくらいで売れるのかを調べておくと良いですよ。
それを把握するために、LINE査定を行っているところがあります。

ブランド品などの不用品買取【エコリング】

不用品の写真をLINEで送れば、だいたいの買取額を把握することができるので、思ったより値段がつかずに納得がいかない場合でも断りやすいです。
また、店頭買取・宅配買取・出張買取ももちろん対応しているので、すぐさま売りたいという場合でも対応が可能なのが嬉しいですね。

忙しい人でも買取依頼方法を選びやすいというのはメリットですし、自分に合った方法で効率よく不用品を処分しましょう。

関連記事