ノマドや勉強をする際のカフェ利用は難しい?

なぜノマドや勉強でのカフェ利用が難しくなっているのか

学生時代などは、試験前などに、カフェなどで友達と長時間勉強をするのが普通でした。
しかし、最近は「勉強などの長時間の利用はご遠慮ください」という張り紙があったりして、ノマドや勉強のためにカフェを利用するのは、難しい時代になってきました。
ノマドワークなどが広まったので、そのようなお客さんばかりになってしまうと、他のお客さんが入れずに困るというカフェ側の気持ちもわからないではありません。

それに、一杯の飲み物だけで、何時間も席を占領されてしまっては困るというのもわかります。
しかし、考えてみると、おしゃべりしているお客さんも何時間も居座ることがあるわけですし、ノマドや勉強のために利用している場合に関してだけそのように言われるのにも疑問はあります。
でも、やはり、定期的に使用することや、ノマドや勉強のために利用する人の利用が長くなる確率が高いことが、そのような張り紙につながってしまうのでしょう。

ノマドや勉強でのカフェ利用は不可能なのか

ノマドや勉強でのカフェ利用が全くできないのかというと、そんなことはないと個人的には思っています。
しかし、カフェ側の意見や事情は尊重すべきですし、張り紙などの元となってしまうことは避けるのが良いでしょう。

つまり、店の利益にならないような使い方、他のお客さんと比べて、明らかに長時間席を占拠してしまっていたり、他のお客さんが入れないくらい混んでいるのに、長時間居続けるのは、マナー違反だと言えます。
長時間の概念は人によって違いますが、張り紙やネットなどの意見を調べてみると、大体2時間程度を超えると、長時間と認識されやすいようです。

どのような利用ならノマドや勉強でのカフェ利用は許されるのか

以上の理由や事情などを考えると、まずは、張り紙のしてあるカフェでの利用は、短い時間であっても、避けるのが無難かもしれません。
大学のそばなどは、このような張り紙の傾向が多いような気がします。
そして、張り紙がないところでも、利用は2時間以内にすると、その後もお互い気持ちよく使い続けることができるのではないでしょうか。

あくまでも気分転換の場所として利用するのが良いと個人的には考えています。
その時間以下でも、席が埋まってしまっていて、お客さんを断らなければいけない状況になっているのであれば、席を空けて、他の時間に出直すのが良いでしょう。
そのように、カフェ側に配慮を示した利用をすることで、こちらもたびたび気持ちよく利用できますし、カフェ側からも、道理にかなったお得意さんとして接してもらえる気がしています。
もし、空いている時間帯が分かっているのであれば、そのような時間帯に利用することも、良い配慮だと言えるでしょう。

関連記事